青春のやりなおし

忘れていた気持ちを取り戻すべくマラソン始めました。

岐阜〜根尾薄墨桜マラソンレポ②

リヲンです。

もう6月ですね、この前はもう5月ですねとか言ってたなあ…

 

半月以上前になってしまった岐阜〜根尾淡墨桜マラソンのレポ、いくよ〜!!

 

ももうだいぶ忘れてるからかけることをかけるだけ書く…

来年でるときに見返したら役に立つように…(だいぶ高確率で役に立たない予感がすでにする)

 

 

 あらすじ

♦︎前回、まだ何も始まっていないのにリヲン父はすでにシューズがびしょ濡れ、リヲンは折り畳み傘に全く守られず胴体が濡れていたー

 

 

濡れながら受付会場に到着した父とリヲン。

会場にはこんな雨の中を走ろうと思ってしまう変態(褒めの意)のみなさんでわちゃわちゃしていた。

受付っぽいテントに行くと運営の方に「走るんだね!?」と確認される。割とやめたい人もいるよう…。

走ります!と元気に答え(もうハイ)受付を済ませ荷物を指定されたバスに預ける。

荷物はゴールまで運んでくれる。ありがとう!

荷物を置きつつバスの中でポンチョを着る。

結構寒かったのでアームカバーをするか迷う。

前日の父との打ち合わせでは腕むき出しで走る算段だったので迷ったけどアームカバーはせず外へ。

父はまだおらず雨の中待つ…。

(父の荷物預けるのは違うバスでした)

さむい…父来ない…さむい…。

…結果バスに戻りアームカバーをつけました。ついでにポンチョの下にゴミ袋を着た。だって超寒かったもん…。

 決意新たに(?)雨の中へ!うろうろして父を探す。

発見した父はなんと長袖のアンダーシャツを着ていた。

昨日の算段とは…。

 

気を取り直して走り出す。

事前にこの大会はタイムレースじゃないから一斉にスタートとかしないってレポで見てたんですけど、雨のせいもあったのかめちゃくちゃ自由でした。笑

「走る人は行ってね〜、もう行っていいからね〜、走らない人は温泉だけでも入ってってね〜、ハイいってらっしゃ〜い」

みたいな感じで送り出されます。

雨なのにこれから34キロくらい走るという状況にすでにハイになってるためこの自由さがすごいおもしろく感じて笑うしかない。

7:30すぎにスタート!

 

一応地図持ってたんですけどこの雨で地図見て走ろうなんて気にもなれず次々走り出して行く人の群れについていく。

序盤は街中。信号で待ってる間に集団を見失いそうになったりしてスリル満点。

いや、ちゃんと地図見たらなんてことないんですよ?でもポンチョとかゴミ袋とか着てると出すのがとても億劫でね?一生懸命置いてかれないようにがんばりました。

 そんなスリルに満ちた(?)街が終われば人がいなくても大丈夫!

山道に入ればほぼ一本道。迷うところがない!

 

 

そういえばまだ街中を走っている時、

前を走る2人組の片方の人めっちゃちっさいな〜子供?いや、そんなわけあるかい!だって34キロ走るんだぜ?遠くにいるから小さく見えるだけでしょ〜、…ん?

マジで子供だった!!!!

(しかも小学校低学年とかそういう感じの!)

ということがあり、父と2人して度肝を抜かれました。

英才教育…?それにしてもせっかくのお休みにこんな雨の中走るなんてね…どんな苦行なの…?

(私も含めてみんなそういう状況でしたけど)

お子さんと一緒に走っていたお父さんは優しそうな雰囲気の方だったけど実はスパルタなのか???と人の家庭事情に興味を待ってしまったリヲンであった…。

父はその子が結構軽装備だったので心配になったのかしきりに寒くないか話しかけ、最終的にはゴミ袋をあげていた…。我が父ながら尊敬しますです。はい。お子さんにはお節介だったかもしれないけど…。

(この親子を最後に確認したのは11キロのエイドで、私たちのが早く出発したので2人がゴールできたのかは知らない…。ゴールしてたら、すごいよね!)

 

11キロに第1エイド。

そこまではまあ距離もそんなでもないしすーっと到着!ちょっとした坂はあったけど。

 

第1エイドは体育館?みたいなとこでちゃんとした屋根もあるしトイレも綺麗なのがあります。(私入ってないけど)

しかも靴のままいけるようにブルーシートが引いてあってありがたい!

岐阜走ろう会の皆さんありがとう!

 

エイドは水、アミノバリュー、梅干し、塩昆布、レモン…他にもなんかあったかな?

レモンははちみつ漬けかと勝手に思って食べたらまんまレモンだった…すっぱ!!!

でもクエン酸〜と思ってありがたく頂戴しました。 

 

さてクエン酸摂取したし止まってると寒いしさっさと行くやで!

まだまだ元気!

 

 

つづく…

(また今回も終わらんかったよ…✌︎('ω')✌︎)